歯医者さんに行くことが困難な方たちの為の初めてガイドブック!

>

「訪問歯科」の問題も確認しましょう

「訪問歯科」の限界

まず、「訪問歯科」には訪問が可能な範囲が決められているのです。
「訪問歯科」が受けることが出来るのは、実施する歯医者さんから16km以内に自宅などの施設がある場合に限られているのです。
実施している歯医者さんが増えているとはいえ、まだまだ数が足りていないのが現状です。
まずは診療行なう施設の近くに「訪問歯科」を行っている歯医者さんがあるのかを確認してみてください。

加えて、通常の口腔内治療では持ち運ぶことが困難な高度な医療機器や専用の医療機器などもあり、「訪問歯科」での治療や診療内容にも限界があります。
そのため「訪問歯科」で行う事の出来る枠を超えた高度な治療などを受ける場合は歯医者さんなどへの直接の通院が必要になってしまうのです。

訪問診療費がかかる

「訪問歯科」を受けるには通常の検査医療費などに加えて、歯科訪問診療費というものがかかります。
歯科訪問診療費自体は高額な費用ではありませんが、高齢者の方や、介護を必要とする方にとっては、極力、余分な支出は抑えたいものです

「訪問歯科」での診療を受ける際には、通常の治療費に加えて訪問費や別ページに記載した指導に対する料金などが追加費用がかかる場合があります。
細かい診察料金に関しては各患者さんの治療内容によって変動するため、必要であれば歯医者さんへ確認することをお勧めいたします。

しかし、「訪問歯科」においても一般の歯科診療と同様に保険が適用されます。
保険の適用割合は国民保健、社会保険では3割負担、老人保健では1割負担、障害者手帳を所持している方は条件に合わせて負担割合、介護保険(在宅での口腔内ケア)1ヶ月に4回までですが1~2割負担となります。
このような制度を理解し活用することも大事になります。